クッキー型:大克鼎(だいこくてい)

¥ 1,080

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料164円が掛かります。

※3,500円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

Cookie Cutter Museum「大克鼎(だいこくてい)」

鼎はもともとは肉、魚、穀物を煮炊きする土器として用いられていたが、祖先神を祀る際にいけにえの肉を煮るために用いられたことから礼器の地位として変わっていった。精巧に作られた青銅器の鼎は、権力の象徴として用いられた。

この大克鼎は西周・前11~8世紀頃に作製されたと思われる。
清朝末期の光緒十六年(1890)に、陝西省扶風県法門寺付近で発見された大型の青銅器(鋳物)。
下膨れの胴体にで、口縁の下に獣面紋を三つ、その下に波曲紋があります。
脚の付け根には獣面紋が付いており、身の内壁には、290字からなる長文の銘文が彫りこまれている。


型の色は選べません、ご了承くださいませ。
クッキーになった大きさ:幅4.1cm × 高さ5.1cm × 厚み free

sacsac謹製クッキー型を使用したクッキーのつくり方はこちら
http://sacsac.jp/page-1268/

ショップの評価

  • 描いた絵がクッキー型になる!(グレーを含まない白・黒のイラスト又・画像・aiデータから作成)

    描いた絵がクッキー型になる!(グレーを含まない白・黒のイラスト又・画像・aiデータから作成)

  • 鶴の丸

    鶴の丸